Home Up About Us Contents

大ロシアの策略

 

 

News
The Story
Documents
The Book
Chronology
FAQs
The Plane
The Literature
Ditchings
How to Help
Passengers
Русские Документы
한글 문서
日本文

大ロシアの策略

KAL007便撃墜の数時間以内に、ソビエト軍は航空機を探し出し、ブラックボックスを回収した。航空機はモネロン島の側にあり、モネロン島はソビエトの領海内にある。ほとんどすぐに、ソビエト軍は同じ物を探していたアメリカ軍とその同盟軍に脅威を与え、だまし始めていた。数週間の期間中、航空機を捜しているように見せかけている間、ソビエト軍は公海水域において重大な、好戦的な活動を行い、捜索者を欺く複雑な策略を実行した。対立は標的に武器の照準を合わせる点まで激化し、核兵器で脅威を与えるまでに激化した。

ソビエト軍がアメリカと同盟軍に脅威を与え、積極的にだまそうと働いていた間、3つの離れた出来事における残骸を探査する3つの組の潜水夫(2人の民間人と1人の軍人)がいた。民間の潜水夫は彼らが見つけた物と彼らが見つけなかった物に驚いていた

私たちは今、あなたを軍艦の対決とソビエトの潜水夫が見つけた物の、独自の出所から取られた、詳細な記述に導きましょう。KAL007便、アメリカ第7艦隊、そして大ロシアの策略

この証拠の発表は、もとは1992年の10月16日のイズベスチヤで発行されて、初めて最初に英語に翻訳された、1983年11月の情報源「極秘の覚え書き」において驚くべき確証を得ています。KGBのトップのビクトル・チェブリコフと国防相のドミトリ・ウスチノフはソビエトの最高指導者ユーリー・V・アンドロポフに以下のように書きました。

「日本海における模倣の[似せた]捜索の努力は我々の船によって現在、アメリカと日本ににせ情報を流すために行われつつあります。これらの活動は特定の計画に一致して、止められるでしょう。」

 

Send mail to webmaster@rescue007.org with questions or comments about this web site.
Last modified: March 10, 2009

2002-2006 The International Committee for the Rescue of KAL 007 Survivors, Inc.  All rights reserved.